アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Chris Spencer >> Evolution of Jazz Guitar >>

Evolution of Jazz Guitar - Thursday - Week 4

現在のジャズ ・ ギタリスト

カート ・ ローゼンウィンケルがジャズ ・ シーンが、それにもかかわらず強いインパクトを作るは比較的新しいです。 ティムハガンズ Paul モチアン、Gary Burton、ブライアン ・ ブレイド、Chris 速度Michael 河南のような人々 と共演します。

クルトのスタイルの次の例では、いくつかの興味深い代替調和を採用しています。 ラインは各弦の異なるハーモニーを意味する:主要な Bbと最初のバーは、主要な DbBmaj7 #5 2 番目のバーの上でハ短調。 両方Db 主要なトライアドBmaj7 #5 7弦はG7altの偉大な代替。 覚えなければならない別の変更された支配的な和音の上にこれをしようとする場合、 intervalic変更のコードのルートと、代替のルート間の距離。 再生することができます任意の変更された支配的な和音の上など、 maj7 アルペジオ #5 3 度離れてルートを持っています。 これは、例に示す同じ距離: G7alt - Bmaj7 #5、代替のルート (B) は元のルート (G) の音から3 度

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: C min

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー