アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Chris Spencer >> Evolution of Jazz Guitar >>

Evolution of Jazz Guitar - Thursday - Week 3

ビ ・ バップのギタリストを記事します。

ギタリストエド Bickert (* 1932 年) は音楽一家で育った、従って 8 つの早い年齢で彼自身のキャリアを始めた。 しかし、彼のキャリア離陸していない彼は成人に達してまでクラブやトロントのスタジオで仕事を始めた。 彼は町を経由して来たアメリカのジャズ アーティストの多くで働いてください。赤い Norvo、チェット ・ ベイカー、Paul Desmond、フランク Rosolino白子 Jacksonなどを含みます。

今日のリック使用は共通のIm -V - Imの進行をマイナーし、いくつか追加は面白い色です。 5 和音 (G7alt) のラインは実際にそのトライトーン置換 (Db) を意味します。 G7alt の下で最初の 3 つのノートをチェックしてください: F、DbAb。 これらは第 1、第 3 および第 5 度のスケールを用いたDb 主要なトライアドを綴る。 トライトーンの間隔はまたとして知られている拡張第 4または五番目に減少です。 その距離は丁度 5 分のサークルの裏側です。 支配的な第 7の和音は、互いの彼らの一般的なトーンのための適切な代替のそれぞれ37度。 G7は、 BFその37Dbは、 37 FCb (またはB)。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: C min

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー