アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Guitar F/X Licks >>

Guitar F/X Licks - Wednesday - Week 4

新しい、ユニークなトーンを求めて - 後半の 1960 年代ギタリスト レスリー スピーカー キャビネットに回転の軸を交尾を始めた。 レスリーが最初に使用されたロックの時代のサウンドが渦巻くドップラー効果を付与する電子オルガン奏者によって人気のあるギタリストのツールになった。 初期の例としては、クリームと Eric クラプトンやビートルズのジョージ Harrison をあります。 レスリー効果も、フェンダー Vibratone ユニットと音を達成したピンク ・ フロイドとスティーヴィー ・ レイ ・ ヴォーン、David Gilmour、エアロスミスのジョー ・ ペリーによって採用されました。 今日多くのメーカーを作るレスリー型ボックス、標準エフェクト プロセッサです。 今日のリックは、レスリー ・ サウンドの典型的な中高速ビブラートを備えています。 フレーズ機能 D マイナー ペンタトニック ・ スケール (D F G A-C-) でソウルフルなブルース ベースのメロディー文字列ベンドで飾られ、重槌で打たれました。 このリックは、ギブソンの Les Paul 標準とソルダーノ SLO 100 amp に差し込まれているダンロップ Rotovibe ペダルに演奏されました。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: E

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー