アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Guitar F/X Licks >>

Guitar F/X Licks - Monday - Week 4

通称フェイザー、移相器はライブ パフォーマンスで (ビートルズ、ジミ ・ ヘンドリックス、小顔、その他でレコードで聞いた)、スタジオのエフェクトを再現する方法として 1960 年代後半に開発されました。 フェイザー「フランジ」に関連しているが、時間ディレイ、フランジャーとコーラスが真のようにではなく、本質的にフィルターが。 フェイザーが入力信号を 2 つのパスに分割する基本的には: のフェーズとフェーズ。 ユニットは、同相信号を生成すると常に移り変わり、「切欠き」独特な脈動効果音変更フェーズ信号を結合し。

今日のリックはカーティス ・ メイフィールドのリズム スタイルに基づく古典的な段階的弦の図です。 母子、三和音を使用する R&B と他の部分の和音は、ユニークな複合体を形成する 1 つのノートと混合します。 ハンマー ons、スラー象徴のこのスタイルに、なめるで発見されます。 ジミ ・ ヘンドリックス、スティーヴィー ・ レイ ・ ヴォーンとキース ・ リチャードの仕事に見られるように、従来のメイフィールドがロックのリズム アプローチで埋め込まれているなります。 今日のリックはホ長調で、E B C #m に対して動作するパターンを備えて-コード進行。 それは、最終的な結果の準クリーン設定にソルダーノ SLO 100 amp に MXR フェーズ 100 フェンダー Telecater に演奏されました。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: E

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー