アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Guitar F/X Licks >>

Guitar F/X Licks - Tuesday - Week 3

今日のリックは、特にロックのジャンルで、ギターのソロで使用する"華を話して"アプローチの例です。この場合ワウワウ ペダルは特定の周波数に vocalesque 効果を与えるメロディーの内部リズムと動揺する時間。これは、人間の声はフォーン歌われ、話されていたフレーズの方法に似ています。実際にこの方法でメロディーを「歌う」と表現するあなたのワウのペダルの動作を同期するやすくなります。メロディーは、ニ短調で演奏され、D マイナー ペンタトニック ・ スケール (D F G A-C-) を使用して、排他的。なめるは、長い、持続的なノートから速いリフ小雨に至るまでリズミカルなコンポーネントを変化しています。これらの要素は影響ワウ フォーンという方法です。なめるは再びギブソンの ES 335 および再生ワウペダルは、ソルダーノ SLO 100 頭とビンテージ マーシャルの 4 x 12 に差し込まれている泣き虫キャビネット。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: E

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー