アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Guitar F/X Licks >>

Guitar F/X Licks - Friday - Week 2

大規模な歪みサウンドが 1970 年代後半と 1980 年代のヘビーメタル選手が多く支持されました。 最寄りのペダルには、アイバニーズと MXR の似たような製品と同様に、ボスのオーバー ドライブとディストーションの単位が含まれます。 後者のブランドは密接にメタル アイコン期間でハードロック ギターの芸術を再定義したランディ ・ ローズが付いています。 ランディは「クリフ」上彼のマーシャル スタックにプッシュするのに、MXR ディストーション プラスを使用 歪み + (とそれの入力ボックス) アイバニーズのチューブスクリーマーまたは他のアナログ「チューブ スタイル」オーバー ドライブ ペダルよりも過激で、現代的な金属の行き過ぎには適してシャープよりと歪みが生じます。 歪みのこのタイプは金属のジャンルの象徴的な続けています。

今日のリックは、1970 年代後半 MXR ディストーション プラスとマーシャル スタックにギブソンの Les Paul に再生されます。 1970 年代後半のボス コーラス アンサンブル ユニットを介してコーラスのビットは、音を太らせるし、準 2 倍効果を作成するのに追加されます。 なめるが成る f# f# マイナー モードで重金属溝上再生-D-B-f# 進行。 主音階のフレーズは、f# 送モード (F#-G#-A-B-C#-D-E) を使用し、f# ブルース スケールから借りた悪魔のような C の自然が組み込まれています。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: E

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー