アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Guitar F/X Licks >>

Guitar F/X Licks - Tuesday - Week 1

今日のリックは、複数のエコー効果の例です。最初音楽部分。 1980 年代のポップ金属再生リックのタイプです。 B は、マイナー番号、B マイナーのペンタトニック ・ スケールを使用 (B-D-E-f#-A) のみ。 ワーミー バーのビブラートとフレーズでのダイビングの典型的な様式の要素に注意してください。今の効果処理。 徐々 に崩壊するいくつかの繰り返しの遅延が設定されています。 この末尾のエコーの結果を実現するには、出力信号にフィードバックを最も一般的と呼ばれるより多くの循環を追加します。 遅延時間の多重エコーがタイトなスラップ バック エコーよりも一般的に長くなります、音楽のテンポに合わせて調整の通路、この場合約 600 ミリ秒を必要とする低速溝。 エコーのレベルは、最大ボリュームの初期の注意を与えるに 25% 程度で設定されます。 このリックは、マーシャル 4 x 12 キャビネット ボス DD-2 デジタル遅延ボックスとソルダーノ SLO 100 アンプに差し込まれているフェンダーのジェフ ・ ベック スタートに演奏されました。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: E

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー