アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Guitar F/X Licks >>

Guitar F/X Licks - Monday - Week 1

電子ギター効果音が一般に 2 つのカテゴリに分類: 電子的に支援し、電子的に生成されます。 前者のタイプの最も早い.スタジオ テープ エコー効果は、ロックン ロールの誕生前に Les Paul とチェット ・ アトキンスのような芸術家によって使用されました。 これらの実験は、レコードなど Memphis のサンスタジオで行われた、最初の岩でエコーを使用するための道を開いた。 スコッティ ・ ムーア (エルヴィス ・ プレスリー) と Carl パーキンスは、1950 年代ロックン ロールの最初の波のエコー効果の顕著なユーザーだった。

今日のリックは、スラップ バック エコー、ロカビリー ジャンルの署名の音を利用して特徴的なフレーズです。 この効果は、1 つの簡単なエコーを再生するのにはエコーを生成するデバイスを繰り返します、音楽のフレーズとの時間をタイトな平手打ちとも呼ばれる設定によって作成されます。 スラップ バック エコー効果は緩やかなテンポの 100-150 ミリ秒遅延時間の範囲にする傾向があります。 エコー レベルやブレンド、ミックスとも呼ばれます、ギターの効果のバランスを 100%、インストゥルメントの設定しエコーの繰り返しが均等に分散、単一のエコーはソースの注意点として、大声で。 音楽のフレーズは、ロカビリーが承認した対位法結果のスタイルを選ぶマールトラヴィスの指でプレイして単純な E-E7 A 弦リフに基づいています。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: E

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー