アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Wolf Marshall >> Golden Age of Guitar Instrumentals >>

Golden Age of Guitar Instrumentals - Wednesday - Week 3

サーフ ・ ギター ・ インストゥルメンタル
今日のリックは、インストゥルメンタル ギター音楽で流行している 2 つの必要不可欠な技術を採用しています。 最初は、arpeggiation と呼ばれます。 この用語は、単語「アルペジオ」ハープのような方法でプレーする意味イタリア語に由来します。 ギターでこれはしばしば演奏の和音の音と 1 つのノートを意味します。 この図 (私) arpeggiates ギター プレーヤーの背景和音: A-G-F-E、異なるメロディーとして低高からトライアド形式で。 2 番目の手法は、2 つの装飾的な効果を生成するバー (別名「トレモロ ・ バー」) ビブラート使用を含みます。 最初の効果は、リズムでバーを軽く揺動によって作成された微妙なボーカル型ビブラートです。 2 番目は、実際のピッチ ディップです。 この劇的な効果がメモをダイビングや和音の離散距離と元のポイントに戻るにビブラート バーを使用して生成されます。 両方の着色は登場し、インストゥルメンタル ロックやポップ ミュージックの 1960 年にベンチャーズの成功に続いてで栄えた。

Learn this lick and practice with this jam track
Skill Level: guitar pick onguitar pick onguitar pick offguitar pick off
Key: A

サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー