アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Storm Stenvold >> Reggae and Ska >>
ライブ インタラクティブ ギター レッスン


レッスン サンプル

レッスン ジャム トラック (午前-Dm7-G-Cmaj7)

レッスン ジャム トラック (ベース + ドラムのみ)

先生:ちょうどその指を修正しました。

先生:このレッスンを見てモダンな「スカ」スタイルを取っています。

スカ クリップ

先生:マイナーのキー。

マイナーな自然スケール

ペンタトニック マイナー

先生: このリズムまたは 'クリップ' のバリエーションを試してください。

先生: 2 + 4 を打つ各バックビートにミュートされた文字列の追加

バックビート ミュートとスカ クリップ

先生: Dm7 を意味する D のベースの音をヘ長調の使用に注意してください。Cmaj7 を意味する E マイナーな C ベース ノートを使用して

1 + 3 ストロークでスカ クリップ

先生: この変化は、最初と 3 番目のビートの strums を追加します。左の空が、バックビートに残りの 8 分音符は、2 + 4 を打ちます。もう一度、スネアにリズムのギターでロック

先生:クロマチック アプローチ、横滑り、和音の変化形を使用してさまざまなバリエーションを得ることができます。

スカのバリエーション

先生: スカのテンポはかなり速いです。このレッスンの例では、200 BPM です。

先生:ペースの良い変化だけのバックビート ロックすることです。

バックビート クリップ

先生: また、人気のある故障、または 'ミックス' のセクションです。レゲエに共通。ここでベースとギターは、同じリズムを再生します。ドラムはあまりにもに参加でしたが。

先生:しかしドラム ・ マシンのプログラミングのような感じていません。

1 + 3 クリップ

先生: 最大の本格的なバー コード ・ フォームを使用して重さ。標準メジャーとマイナーのバー和音

ダブル ストローク 1 + 3 クリップ

先生: 私はまだこのレッスンのリードものの方法で多くをしませんでした。

先生:君たちは、質問があります。この件名またはそれ以外ですか。

先生: ?

先生:それ以外の場合私呼んでこのレッスン、シリーズなど。レッスンのリクエスト等、今話すか、あなたの平和を保持します。

教師: 5

先生: 4

先生: 3

先生: 2

先生: 1.新しいレッスン シリーズの次の週。第 4 回休日、素晴らしいを持っています。

混乱:を使用してできる、このドリアン ・ モード

先生: Dm7 コードの F を強く自然マイナー、エオリア意味します。

先生:他の 3 つの和音の上にそれを使用できますが、進行がとても速くて、あなたはあなたのつま先をする必要があります行く

混乱: [ok] を私は理論上かなり緑

先生:彼らは 1 つのノートによって異なります。マイナーは、F、b6 の違いだけのこのキーに (エオリア) または F # のドリアン (6)

混乱:音を出すクリーナーに私の指のヒントを使っていますのでのバックビート ミュートとは難しい時間を過ごしています

混乱:ネバーマ インドはそれを得た

A ドリアン (強調表示されます 6 位)

先生: 私は完成した CD にもっと vids を追加します。他の質問か。

混乱:のおかげで良い教訓

先生:それは簡単な人を取る。C 屋

<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー