アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Storm Stenvold >> Intervallic Guitar >>
授業科目


レッスン サンプル

先生:こんにちは誰も。詳細 'Intervallic ギター' 今夜。

レッスン ジャム トラック

先生:要約すると、2 つのノート間の距離間隔を定義します。我々 は、メジャー スケールを使用して名前します。

C メジャー スケールの 1 つの文字列で位置


先生:ジャム トラック今夜少しラテン風味。

先生:進行は、ので、それが私たちの例のためうまく機能から C メジャー スケールのノートのすべての和音を使用します。

ジャム トラック和音


先生: ここでは、和音の進行を

先生:最初からすべての 5 つの文字列をフレットします。 右手を使用して、異なる文字列を引き出します。

先生:だから、バックにメジャー ・ スケールの例。 2 トーンにルート メモ第 2 間隔を =。3 トーンにルート注 3 日間隔を =。 など。

先生:ただし、主なスケールによって指定されるよりも、他のオクターブ内の間隔があります。

先生:これらは、波長間隔です。上げたり下げたりしてメジャー スケールのノートによってこれらを得る。

先生: ここでは、これらのノートのペアです。

波長間隔 - オクターブのユニゾン


ラルフ:ファイルは、それが破損するいると述べた。' タブ ファイルが壊れてエラー ダイアログは、ロードが正常に再生

サポート:あなたはそれを無視することができます、それはまだ動作

先生:今我々 はオクターブ内のすべての私たちの距離を指定できます。首に示すよう通常私たちだけと言うフラット 5、鋭い 4 (b5、#4)。

先生:これらの波長間隔の正しい用語があります。同様に我々 は最後の 1 週間と言うスケール内のメジャーと完璧な間隔があります。

先生:マイナー、減少拡張、これらの波長の間隔。彼らは名前付け規則に従います。
間隔に名前を付ける


先生:1/2 ステップそれの目盛間隔を下げるとマイナーと呼びます。すなわち: 主要な第 3 の短 3 度になります。

先生:完璧し、発生間隔の主要な 1/2 ステップになる拡張現実感します。すなわち: 完璧な 4 まし拡張 4。

先生:完璧なまたは低下間隔を小 1/2 ステップが減少になります。すなわち: 完璧な 5 Diminised 5 になります

先生:これらの間隔は、主なスケール内に存在します。例えばスケールの第 2 の注と 4 日間の距離、主要な第 3 ではなく、マイナーな第 3 です。

先生:これは我々 しようといくつかのパターンとリックス、'キー' でそれらを維持しようとするいるとうまくことが重要です。

平行間隔対ダイアトニック


先生:
3 rds と間隔アプローチは 2 つあります。タブの最初の親は、親 C メジャー スケールに滞在して 3 rds を使用します。「音階」と呼ばれる

先生:間違いに気づいた。3 番目の文字列上で 3 ペアは 9 フレットをする必要があります。

先生:2 番目の半分は、全体の主要な第 3 の同じ間隔を使用します。これが結果としてスケール外のメモの追加を終了する方法に注意してください。

ジャム トラックに平行間隔

先生:これが平行間隔アプローチと呼ばれるだろう

先生:ジャム トラックの上 2 つのサンプルを示します。 音の違いに注意してください。

ジャム トラックの上の音階の間隔

先生:音より滑らかな全音階 'inside' や 'Key' でがちである並列

先生:このため今夜この例の残りの部分に焦点を維持ダイアトニック当社の間隔のパターン。

先生:後のレッスンで、我々 は並列の間隔の特定のサウンドを利用します。

C メジャー スケール - スケールの音で 8 位


先生: ここでは C メジャー ・ スケールのパターンに従ってリックのほとんどのためです。

C メジャー スケール - 8 位

先生:非常に使いやすく、人気のあるサウンドは、3 日の間隔のことです。

先生:ここでは、このスケール パターンを昇順に働いたメロディー第 3 間隔です。

3 日間隔 - 昇順


先生: ルートには叶い - 3 日間隔でプレイします。次に第 2 音を再生 - その 3 間隔を再生します。スケール アップなどなど。

先生:私達がいかに明確なパターンを得たそれですか。

先生: 良い。

先生:下降方向で同じパターンをここでは

サウンド クリップ 5

3 日間隔 - 降順


先生: これらの 2 つは、最も一般的でしょう。間隔をなめるように上がる します。 ダウンしたなめると下がって間隔

先生:しかし、これらにも他の 2 つを試してください。 旋律的な線として下り区間が します。

間隔を降順 - 行を昇順


先生: メロディ ラインにつれ上がって間隔は上下

昇順の間隔 - Desceding 線


先生: 第 4 の間隔は、特にために、文字列の多くを再生するスタディー変更前の注意点として同じフレットで使用するノート

4 間隔 - 昇順


4 日間隔

先生:私は、アーカイブにすべてのチャンスのためのビデオを追加します。ここに 1 つ、fouths

先生:3 rds で示したように試してみてください。 ダウン - ダウン、ラインナップ - 間隔を行を降順

先生:また '首' の間でだけでなく、'首' をこれらのパターンを回避しようとします。

<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー