アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Storm Stenvold >> Developing Speed >>

レッスン トピック


右手の位置


先生:写真は、ピックの手の適切なタップ位置を示しています。支援技術を首側に親指を注意してください

先生:標準ハンマーでの目的は、ピックの手で 'タップ' は、フレットのすぐ後ろに、同じ位置にはずです。

先生:人差し指と中指が彼らの強さの最も人気のある、タップ、ピックの手のすべての指を使用できます。

先生:最も一般的な次を移動し、' プル-off' フレットの手には、僅かな '映画' は文字列。これは、床の方や、首の上の方に行うことができます。

右手水道完成

先生:ここでは最初のフレーズは、最初の文字列に 12 フレットをタップをタップを示すビデオです。5 フレットに引っ張って。第 2 の文字列上で、移動を繰り返します。

技術をタップ

先生: Sのタルトが遅い。でも音とそれぞれの手のノート間の容積を達成するために動作します。どの手を区別できないときはるかに高速タッピング フレーズ サウンドは個々 のノートを言葉遣いです。

先生:ピックを下に置く、それをかむまたはピッキング手で別の指でそれを ' カップ' ことができます。実験では、を好む最も容易にそれと標準ピッキング テクニックを切り替えることができますメソッド

先生:これは少し困難にすることができますので開始が遅い。でも音とそれぞれの手のノート間の容積を達成するために動作します。テクニックと練習、この必要になりますが、でも音が鳴らせるタッピング フレーズ大いにより速く、それは個々 のノートを言葉遣いがどのような手を区別するために困難になります。

先生:この写真は、'タップ' の完了を示しています。これは、「下方向」のモーションで完成されてタップを示しています。1 つは、同様に人の身体に向けた 'up' タッピング指をもたらすことができます。何で実験は快適な感じ、最高のトーンを生成します。

先生:光の文字列と低アクション ギターが役立ちます。1 つがあれば電気起動するとして可能性があります。 ギター演奏もタップ能力を達成している選手が、

先生:フレットのハンドを鳴るから不要な文字列を停止の重要な役割となります。

先生:'ハイライト' 囲まれたノートは、タップのものです。バーチャル ギターの首.に表示する場合の表記に組み込まれている手マンもあります。

先生:エディ ・ ヴァン ・ ヘイレンはタップがハードロックのコンテキストで特に技術を大衆化した人以前の画家が使用された、他のスタイルを使用

噴火タップ


先生:このなめるは、タップ ヴァン ・ ヘイレン '噴火' ソロから ' 図形' 署名です。フレットを使用してハンマーで繰り返し 3 注記パターンを作成する手します。それは本当に前に、あなたの次の蛇口の前にハンマーで家内と同じ方法です。

噴火 #2 タップ


先生:別の '噴火' 決まり文句。両方の手でこれらのリックの動きに注意してください。静止しているタップのメモ等を移動 1 つのノートを維持しながら、試してみてください。

噴火

先生:ここではいくつかの速度を撮影するものを知っているようにこれらのリフとサウンド クリップです。スロー スタート。速度は非常にすぐに来るだろうが、ノートは不明確またはボリュームの変動がある場合ことがないように良い音。

先生:左手追加中傷多くのバリエーションを持つことができます、いくつかの速度は間違いなく追加されます。

タップのバリエーション


先生: このタブは、フレットの手と 1 つのタップの 2 つのノートのいくつかの可能なバリエーションを示します。これらはすべて非常に人気があります。

先生:タップ、フレットの手を引き剥がし、プリング ・ オフ別のフレットの手指に。またはタップ-pulloff-ハンマー-pulloff。またはタップ-pulloff-pulloff-hammeron。これらは、練習する基本的な組み合わせです。 1 つはこれらを組み合わせて、または長い複合句を作成する、メモの 2 つのタッピング フレーズとそれらを結合できませんでした。

タップ + 文字列を開く


先生:このタブは、タップのもう一つの普及した考えを示しています: 開いている文字列を組み込む。

先生:ノート間の間隔は、タップに偉大なものの一つです。私たちよりもはるかに広い間隔を選ぶときに再生する傾向があります。それは音の波を大きな効果を組み合わせます。

先生:タップしたときに再生する 1 つの注記パターンは、1 つのノートか、アルペジオを選ぶときと同じです。ヴァン ・ ヘイレンのリフがよりアルペジオや和音のパターン。Satiani のリフは、単一の文字列で視覚化 B メジャー スケールから来た。

先生:ここではハ長調のアルペジオ図形です。3 パターンを学ぶので、3 はコードを注意してください。

C のトライアドの逆転


先生:リフは、レッスンに新しいアイデアを紹介します。始まるか、メモし、'上' タップを追加・ フレット

タップ + 文字列を開く

先生:最後のタブは、単に C メジャー コードは 1 つの文字列上で可視化のノートです。これを使用するにはコード進行を概説します。

Am G F E アルペジオ


先生:E に f g Am このタブのように ビットの各図形を移動する前に練習します。合理的な空間にあるタブを挟むに速い移動していた私が、それぞれの図形を練習し暗記する必要があります。

掃引 + タップ

先生:ここで私たちのスウィープのミックスを範囲または当社のフレーズを拡張するタップで突破した今、以前の速度のレッスンに由来します。スイープは、最初の文字列へのアルペジオを選択し、タップを追加をきれいに掃除して、上に引き剥がし、フレットの手に。ベストは、再びピックアップするタップからスイッチを作るため、中指を使用するには

高速掃引 + タップ

先生:ここで、再生するジャム トラックです。

マイナーなジャム トラック (ハードロック)

マイナー スケールをタップします。


先生:A

<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー