アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Michael Johnson >> Alex Lifeson (Rush) style >>


先生:
ラッシュの Alex ・ ライフソンのスタイルでのレッスン クラスを歓迎します。このレッスンはラッシュ、フライ ・ バイ ・ ナイトと鋼の愛撫の時代から拾うと彼の初期の多くをカバーします。これはニール ・ パートのドラマー、バンドに参加した彼らはプログレッシブ ・ ロックのスタイルの詳細に出て分岐した時期である、1 st アルバムで使用される初期のロック スタイルの詩。多くの音楽の転移があります注意してください。リードが頻繁に従ってこれらの変更レッスン サンプルを聞きます。

レッスンのサンプル - Lowband - 1 メグ

レッスンのサンプル - Highband - 2.7 メグ

先生:レッスンを見てみましょう!オープニングのリフです。

パート 1 - イントロ

パート 1 - イントロ

先生: このリフは、G、および第 5 回、第 6 回、第 7 回フレット 5弦に昇順に基本的なプルを開始します。ここで、ジャム トラックです。

ループのジャム トラック 1 - Lowband

先生: このイントロは、主要な riff の気分を設定します。リフです。

パート 1 - 1 のリフ

パート 1 - 1 のリフ

先生:
このセクションは基本的に「パワーコード」としての 5 和音、または知られているを使用します。Alex が非常に創造的でメロディックな方法でこれらの和音を使用してベースとドラムとカウンターの部分が遊んでいる間。ラッシュは曲を整理するので、すべての楽器はドラムまたは低音リフのうち特定の時間に一緒に合うでしょう。Alex も同様 5 和音の対比を開いて和音を使用しました。オープン G とこのセクションの終わりに他の和音を再生する方法に注意してください。

先生:ここではすべての部分を使用して全体のフレーズです。

ジャムをループ 2b - Lowband を追跡

先生: [Ok] をこのセクションで再生することができます一人を見てみましょう

パート 1 - ソロ 1

パート 1 - ソロ 1

先生: これは、ハンマー/プリング ・ オフ シーケンスの一部として開いている文字列注記を使用したクールな響きのリックです。スケールは、f# フリジアです。ここでは計パターンのアイデアを得ることができます。

F # フリジア

先生: 開いているメモを使用して、ハンマー/プリング ・ オフのこのパターンでわかります。ソロの次の部分があります。

パート 1 - ソロ 2

パート 1 - ソロ 2

先生: これは、ジャム トラックであなたを与えたオープンの和音を再生する一人です。ソロでは、ホ短調 (エオリア) のスケールを使用しています。リック音の和音を再生しながら雄大などのように注意してください。ここはホ短調のスケール パターンです。

E マイナー スケール

先生: 最後のジャム トラックで後であるより開いて和音、ここでプレーし、メロディーこのセクションの上

パート 1 - ソロ 3

パート 1 - ソロ 3

先生: ラッシュ ダイナミクスの手配で自分の曲より多くのコントラストを与えることを使用もします。音響やきれいなギターのトーンを追加するこのダイナミックを達成するために役立つでしょう。次はまろやかなリズム ギター パットです。

パート 2 - 1 のリフ

先生:ここでは、ジャム トラックです。

ループのジャム トラック 3 - Lowband

先生:
このフレーズから始まる、A、第 4 指を第 1 の文字列に追加することによって、9 を追加します。オープン E の使用に注意してください (1 弦) フレーズの先頭に和音でドローンをペダルの音として。バー 3 & 4 は、オープン ニ長調三和音指のように見える響きの和音を使用します。次は、これらの和音にソロが再生されます。リックです。

パート 2 - Solo1

パート 2 - ソロ 1

先生: このソロ、B ドリアン、ここのスケール パターンを使用します。

B ドリアン

先生:次の部分は、オクターブの和音を使用します。ここでは部分です。

パート 3 - 1 のリフ

先生: 簡単な和音あなたが見ることができる、14 フレットのオクターブにジャンプして、7 フレットの E バレを再生した後に注意してください。ここで、ジャム トラックです。

ジャムをループ 4a - Lowband を追跡

先生: これはラッシュがその初期の進歩的な時代の間に彼らの曲を配置する方法の良いアイデアを与える必要があります。時間に行く、あなたの次のレッスンを参照してください!

ビル:先生のおかげで、私はこれで動作

先生:さようなら!

<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー