アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Michael Johnson >> Contemporary Slide Guitarists >>


先生:Contemorary スライド ブルース プレーヤーでのレッスン クラスを歓迎します。このレッスンでは、ギターの伝説ライ ・ クーダーのスライド スタイルを備えています。現代のブルース ギタリストと呼ばれる以前のレッスン シリーズの Ry のリズム ・ ギター スタイルを取り上げて、実際にそのレッスンからリズムのギター トラックを使用します。ライ ・ クーダーの名声は彼にいくつかの世界のトップミュージ シャンとも多くの映画サウンド トラックとのセッションを上陸している彼のスライド ギター仕事から来ています。ここを学びますリックのサンプルです。

レッスンのサンプル - Lowband - 1.2 メグ

レッスンのサンプル - Highband - 4.2 メグ

先生:G. ブルース バラード型リズム上でスライドなめプレイの私たちの最初のセットリズム パターンが G と D で始まるここでは、起動するとジャム トラックです。

ループのジャム トラック 1 - Lowband

先生:この進行が G D、G、そして C から D、Em に終わる。次のスライドのリックはこのパターンに続きます。 ここでは G と D の和音を再生する最初のなめです。

パート 1 - スライドのリック 1



パート 1 - スライドのリック 1

先生:スライドのリックの最初の部分の 8 フレット、5 フレット、12 フレットにジャンプ起動方法に注意してください。上部の 12 スケールのリックを再生位置し、ギターの首の開いている位置に戻します。

先生:リック、スケール パターンに関連している方法を説明するためにト長調のスケールです。2 弦 (B) のノートのほとんどを再生する方法に注意してください。1 つの文字列にスケールを再生ノートを簡単に挿入することができます。

パート 1 - ト長調のスケール


先生:C、D および Em を再生中に進行を調整する次のなめるの変更の位置。表記の和音に注意してください。

パート 1 - スライド リック 2


パート 1 - スライド リック 2

先生:最後のリックは、簡単ですが、効果的ななめるの C と D の部分は同じですが、1 つの全ステップをシフトするだけ。進行は、午前にシフト、今 C、G、Em だけど、C. 同様の進行のこの部分をより多くのなめを適用するつもり、最初ジャム トラックをここでは。

ループのジャム トラック 2 - Lowband

先生:この次のリックでなめるの各部分がコード進行を再生する方法を見ることができます。

パート 1 - スライドなめる 3


パート 1 - スライドなめる 3

先生: このなめるは、フレーズの終わりまでほとんどギターの首の第 1 の 5 フレット内に収まります。和音を変更しながら初めに基本的に同じリックを再生するに注意してください。

先生:これはファンキーな E ブルース進行上を再生するレッスンの次の部分に、私たちをもたらします。ジャム トラックはここにあります。

ループのジャム トラック 3 - Lowband

先生: 次のいくつかのリックで最初のなめ E ブルース、ここの様々 なポジションを使用します。

パート 2 - スライドのリック 1


パート 2 - スライドのリック 1

先生: ここではパターンがすべてのボックスのパターンの posrtions に含まれます、このリックを再生する使用される位置のアイデアを与えるために E マイナー ブルース スケール。

E マイナーのブルース


先生: なめるは、スケールの上のノートで起動、スケール パターンの中間の文字列に動作します。その後はパターンの E マイナー ブルース スケール パターン、ここのオープン ネックの位置を使用してフレーズの後の部分を再生します。

E マイナー ブルース - オープン ポジション


先生: 最後のなめるの終わりにダブル ストップ ノートがこのスケールのパターンを使用する方法に注意してください。私たちの次のなめるスケール パターンの VI (A) と (E) 私に戻ってジャンプします。和音は、表記法で示されます。

パート 2 - スライド リック 2


パート 2 - スライド リック 2

先生: スケール パターンの下の位置にして再生、クロマチックを実行するはどの eventutally I (E) 進行の上でプレイするためにもたらす 12 フレットにあなたを導く、IV (A) 以上を再生しながら再生する方法に注意してください。

先生:以上、V (B)、VI (A) と (E) 私に戻る次のリックを果たしています。この次なめるは、ジャム トラックの上を再生するときにいい音します。

パート 2 - スライドなめる 3


パート 2 - スライドなめる 3

先生: IV (A) 上に再生される主なアルペジオを注意してください、それは私の (E) に導く旋律昇順音なめるを与えます。

先生:私たちの最後のリックは、私 (E) に進行を解決します。

パート 2 - スライドなめる 4


パート 2 - スライドなめる 4

先生: このリックの始まりは、ホ長調のアルペジオを実際に使用して、ここでは、アルペジオ、スライド バージョン。

パート 2 - スライドなめる 4 - E メージャー アルペジオ


先生: よくこれで授業は終わり、このレッスンはライ ・ クーダー作成彼の旋律のスライド ギターの音のよりよい理解を与える願っています。 さようなら!

<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー