アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Michael Johnson >> Folk Guitar Legends >>
レッスンの件名:フォーク ギター伝説 II
何を学ぶ:ボブ ・ ディラン スタイル
Michael:Michael Johnson

Michael:こんにちはクラス、フォーク ギター伝説 ii の授業にようこそ。このレッスンでは、ボブ ・ ディラン、フォーク ギターの動きに非常に重要な図のスタイルを備えています!ディランは、彼のコード進行と弾くパターンだけでなく、彼の叙情的な内容のベスト知られていた。このレッスンでは、これらの様々 なパターンをカバーします。このレッスンで学ぶことのアイデアを得るためのレッスン サンプルを聴きます。

レッスン サンプル

Michael:C# m: から始まる私たちの最初のコードの進行を見てみましょう



パート 1

パート 1 - ピッキング

Michael: この進行の第 1 指と第 4 フレットがなければ、C #m 和音を形成する第 2、第 3 および第 4 指を打ってまずします。A と B の和音と 4 フレットの第 3 指をフレッティングで B 以上 G # 低音注を追加を再生した後/6 文字列 (E)。バレ 4 フレット指 4 を使用して、B に変更することができます/G # 簡単。ジャム トラックはここにあります。

ループのジャム トラック 1

豊富な: G # 第五を和らげるか。

Michael:そうリッチであります。ディランはリズム ・ ギターにハーモニカ ソロ遊び通常今このセクションの私を与えたスケールとリックのギターにも使用できます。このセクションで私はホ長調のスケールを使用します。



Michael: 今使用をことができます、ホ長調のノートはスケールし、開放第 1 弦 (E) だけでなくをプレイします。ここでのパターンを示します。



Michael: リズム経由で動作するいくつかのリックを試してみましょう。



パート 1 - ソロ

Michael: 私の第二の指を使用してこれらのリックのほとんどは、この私が使用するさらにスライドしたいし、同様に再生にはかなり簡単です。先に与えたホ長調のスケール パターンを使用しながら同時に 1 日 (E) ・第 2 (B) の文字列を選択します。後で第 3 の文字列と同様にノートに移動できます。C #m の弾くパターンが異なるを使用して次のセクションにジャンプしてみましょう。



パート 2

パート 2 - ピッキング

Michael: ビデオのピッキングをかき鳴らすパターンよりもダウンの演奏を強調すること注意してください。これは C #m より明るい音和音を作るに追加攻撃を追加します。基本かき鳴らす、ダウンのコード パターンを得ることができますので、表記が簡略化されます。あなたは、速度とアクセント降り狩りビデオを勉強すべき。以上練習するループ ジャム トラックをここでは。

ループのジャム トラック 2

Michael:[Ok] をこの弾くパターンはあなたのいくつかは少し難しいかもしれません。Strums と代替 strums をし、すべての下方 strums ウォーミング アップすることをお勧めします。これにより、あなたの手の状態し、同様にあなたのタイミングで作業できます。 かき鳴らしは非常に重要な技術の開発によくこのテクニックを実践する必要があります。今我々 は一般的な基本的なディラン和音パターンに入る。



その 3

パート 3 - ピッキング

Michael: Bm で起動し、G と A に戻る関連和音を下降に注意してください。ピッキング ビデオとジャム トラックはリズム ・ パターンの良いアイデアを与えます。

ループのジャム トラック 3

Michael: 注意弾くパターンのいくつかがミュートされて、私は少しフレッティング手とこのパーカッシブな効果を得るためのかき鳴らすを持ち上げてください。同様の演習をかき鳴らしにウォーミング アップしながらこの手法で作業してみてください。低音のディランも、交互プレイできるピッキング/かき鳴らすパターンを使用して今パターンと同様の弦の高音を演奏しながらジャンプを注意してください。以下は例です。



その 4

その 4 - ピッキング

Michael: このピッキング/弦かき鳴らすパターンはカントリー ミュージックとブルーグラスのかなり頻繁に使用されるがあります。私はオープン D を選ぶことに注意してください (第 4 回文字列) とをかき鳴らす D 弦、それから再生オープン A の残りの部分 (5 位) を文字列しコードをもう一度再生します。G にし Asus4 と A7 をジャンプに降順の低音のノートを再生すると。ジャム トラックはここにあります。

ジャム トラック 4 をループ

Michael: 弾く手は常にアップとダウン ビートを維持するリズミカルなパターンに移動です。ピッキング手行くリズムを保つためにドラマーのジョブを実行するようです。もっと低音注/和音の組み合わせを使用して、別のパターンを試してみましょう。



その 5

パート 5 - ピッキング

Michael: このセクションでは、各弦のルートのメモを再生し、コードの残りの部分をかき鳴らします。これは、ため音が滑らかな移行を行う、次のコードにします。ジャム トラックはここにあります。

ループのジャム トラック 5

Michael: これはカントリーやブルーグラスで使用される別の一般的なリズム テクニックです。Em から始まるこのテクニックを使用する別の例を試してみましょう。



その 6

パート 6 - ピッキング

Michael:

<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー