アーカイブレッスン   グループレッスン      セレブ
Lyle Ronglien >> Slap Bass for Beginners >>

初心者のためのスラップ ベース

レッスン 3

ライル:このレッスンは、人差し指ポップ (P) についてです。

ライル:フレット ボードに対して跳ね返ってくるので、それを離すを引き上げて人差し指で文字列をポップします。





ライル: ここで、今後の練習のため使用する必要があります非常に基本的なジャム トラックです。



ライル: 覚えておいて、必要なときにジャム トラックのテンポを遅くします。

ライル:[Ok] をここであなたの最初の練習です。ちょうどすべてをポップし、ポップ (P) 降順、開いている文字列または (S) オープン文字列昇順、平手打ちできますよ。





ライル: 次の手順は、平手打ちと各文字列で pop を交互にしています。 1 拍あたりの 2 つの音符を再生します。これは、8 分音符を再生している場合を意味します。





ライル: 演奏されていない文字列をミュートで作業していることを確認します。

ライル:次の手順は、オクターブを使用します。あなたはまだ平手打ちと交互ポップアップ表示されます。





ライル: 手順 4 は少し厳しいです。オクターブを開く前に親指で迅速なスラップを行うでしょう。





ライル: タブを再生するとき仮想フレット ボード上の音名を表示に気づくでしょう。これは、あなたのノートを学習するのには!フィンガ リングは、これらの演習で幾分明白なはずです。あなたの快適な手マンを使用します。

ライル:手順 5 は、私の「ディスコ」低音リフです。





ライル: 練習 6 にあるあなたの手の周りシフトします。これは少し余分な練習を取る可能性があります!





ライル: 手順 7 はかなり簡単ですが、クールなサウンドします。





ライル: 手順 8 は #7 でやったことのバリエーションです。





ライル:私は最後のための最も運動を保存!

ライル:この 1 つは、8 音符トリプレットと呼ばれる 1 拍、あたりの 3 つのノートを再生しています。あなたよする平手打ちと交互ポップ全体の方法を介して。





<< load notation from left
<< load audio from left
<< load audio from left
サポート   ソフトウエアについて   プレスリリース(英語   メールリスト   インストラクター募集
Copyright (c) 2019 Riff Interactive   使用条件  プライバシー